保育料は未定、子ども子育て支援新制度のリーフレットが配布されています

2014年9月12日 21時00分 | カテゴリー: 活動報告

区市町村が実施主体として、来年4月から新制度が実施される予定です。

 1.認定こども園、幼稚園、保育所の施設と地域型保育事業への給付の開始。

2. 一時預かりなど、地域の実情に応じた子育て支援の充実。

新制度は上記を柱とし、消費税率の引上げによる財源(0.7兆円程度)を当てる予定です。

ところが、待機児童解消として期待される区「認定こども園」ですが、来年度から区内2園がその認定を返上する申し出をしました。収支も含め、やりきれないと判断をしたとのことです。こうしたことから、新制度が練り上げられたものではないのは明らかです。

この時期になってやっと 新制度を説明するリーフレットが完成し、配布されました。区のHPでも見ることが出来ます。保育料などは決まっておらず、保護者にとって今後の計画をたてにくい内容です。国の計画が遅いため、情報提供出来ないのです。

準備も足りず、 拙速に新制度への移行をすすめる国のやり方は、納得できません。

 区に対しては、よくわからないものを進めることへの修正と、区民への丁寧な説明を求めます。

 リーフレットと新制度の概要はこちらhttp://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shussan/shinshien/shinseidogaiyou.html