新成人に期待する

2014年1月15日 09時39分 | カテゴリー: 活動報告

13日、豊島園で成人式があり、次のようにアピールしました。

 二十歳になった皆さん、おめでとうございます。

これからの輝かしい未来を祈ります。

新成人おめでとう!

 皆さん方はこれまで生きてきて、学校や職場で生きづらい思いをしたことがあったことでしょう。いまの社会や制度を作ったのは大人の責任ですが、成人であれば選挙権を持ちます。一票の格差が問題になっていますが、誰の一票も平等のはずです。これからの社会をどのようにするかは、大人になった皆さんにかかっています。

 誰かに任せるのではなく、自ら考え行動する手段として、選挙には必ず投票して下さい。

 このように訴えるのには、いまの政治状況があります。民主主義では、議論を重ねて現在考える最善の案を採択しますが、昨年末の特定秘密保護法では審議時間が少ないまま、多くの国民の反対の声があるにも関わらず数にものを言わせた強行採決がおこなわれました。特定秘密保護法は知る権利を阻害する内容で、基本的人権、国民主権がないがしろにされている状況です。投票は自分たちがどんな社会を望むのかをきちんと示す、一つのチャンス必要です。

 まずは2月9日には都知事選があります。

 争点として話題になっている脱原発は大切ですが、生活都市東京にふさわしい都知事を選び、投票しまししょう!