はじめての一般質問

2011年12月9日 17時04分 | カテゴリー: 活動報告

練馬区議会では議員は一年に一回、一般質問ができます。
今回の内容は、区長の基本姿勢、高齢者福祉、放射能対策、組織変更、児童館等、まちづくりについてでした。(詳しい内容ははじめての一般質問その2をご覧下さい
議員になって五ヶ月、初体験に心臓がどきどきしましたが、議員になるのを応援してくれた友人や知人の顔を思い浮かべて壇上に臨みました。
高齢者福祉では、介護福祉士として接した高齢者や家族の思いを区長に伝えました。
高齢者は自宅で暮らし続けたいと願っていますが、介護の負担から家族が体を壊すことがあります。
介護が必要になっても、安心して住み慣れた家で暮らし続けるために、在宅療養の体制づくりについて聞きました。
一般質問を経験して、市民の思いを伝えるために、言うべきことは言わなくては、と強く思いました。
今後もさらに区の現状や課題に対し、区民にとって本当に必要なことは何かを考え、行動していきます。
ご意見・ご提案をお寄せ下さい。
(当日の映像は下記のリンクで見ることができます。)