被災地の皆様には、心からお見舞いを申しあげます

2011年3月16日 18時50分 | カテゴリー: 活動報告

3月11日、東北地方を国内観測史上最大規模のマグニチュード9.0という超巨大地震が襲いました。東北と茨城の太平洋沿岸は大津波により壊滅的な被害をうけ、多くの被災者の姿は痛々しい限りです。東京でも「帰宅難民」が生まれ、家族と連絡が取れず、多くの人が不安な一夜を明かしました。
また、福島第1原子力発電所の事故の拡大は、今なお続く余震とともに、人々をさらなる恐怖に陥れています。放射能漏れは、この東京にまで及び、国や東京電力の対応にはいら立つばかりですが、注水作業が功を奏すことを願うのみです。自然の猛威の前では、文明がいかに無力か思い知らされました。
被災地の皆様には、心からお見舞いを申しあげるとともに、一刻も早い救済の手が届くことを祈っています。